インストラクターの階層
(Commitment for instructors)

AHAはコースの質を担保し、運営に支障がないように、インストラクターに種々の階層を設けています。
JCS-ITCでは、PAM(Program Administration Manual)に基づいて以下のように規定しています。

  JCS-ITCインストラクター

各科目のインストラクターは、コースの責任者であるコースディレクター(後述)の指示のもと、実際に受講者に教えることができます。

    ※注1 BLSインストラクターはハートセイバー・ファーストエイドコースを教えることができます。
    ※注2 BLSインストラクターはACLSプロバイダーコースのBLSパートを教えることができます。
    ※注3 ACLSインストラクターはACLS-EPコースのmegacodeを担当することができます。


  JCS-ITCコースディレクター(CD)

各コースの運営責任者であり、JCS-ITCにより任命されています。各インストラクターを統括し、コースの質を担保し、運営を円滑に行う役割を担っています。

    ※注 JCS-ITCにはRegional Faculty、Lead Instructorが存在しないため、BLS CDを設置しコース運営とIPのモニター、更新モニターの役割を補充しています。当面このシステムを続行することをAHA-ECCとの話し合いで承認されています。AHAにCDカードはないため、JCS-ITCでCD認定証を発行しています。


  JCS-ITCファカルティ(TCF)

各コースの運営統括責任者であり、各科目のインストラクターコースで受講者に教えることができます。

    ※注 JCS-ITCでは蘇生教育小委員会の委員を中心として、ファカルティのなかでも中心的存在にあるメンバーを『シニア・ファカルティ』と呼称し,JCS-ITC全体の運営を行っています。


  JCS-ITCコーディネーター

JCS-ITCの代表責任者であり、1名のみ任命されています。現在は静岡県立総合病院の野々木 宏がその役割を担っています。