ハートセイバーコース
(Heartsaver course)

主に成人の心肺停止に対する初期対応を身につけていただくための半日コースです。AED(自動体外式除細動器)を用いた心肺蘇生法(CPR)や窒息の解除方法なども含まれています。オプションとしてファーストエイド(いわゆる応急手当)や小児・乳児の心肺蘇生法を学習することもあります。


  1. 特徴

Practice while Watching

AHAが、その40年以上にわたる心肺蘇生法教育の研究と経験から開発した方法です。 DVD で各手技を見ながら、マネキンを用いて下記内容に関する練習を行います。 これを手技ごとにステップ・バイ・ステップで行いますので、確実に手技を習得できる優れた方法です。


  2. 内容

【成人に対するCPR AED】
・成人の一人法CPR(心肺蘇生法)
・AED(自動体外式除細動器)の使用方法
・成人の窒息

※コースによっては以下の項目をオプションとして追加実施することがあります。

【小児に対するCPR AED】
・小児の一人法CPR(心肺蘇生法)
・AED(自動体外式除細動器)の使用方法
・小児の窒息

【乳児に対するCPR】
・乳児の一人法CPR(心肺蘇生法)
・乳児の窒息

【ファーストエイド】
・内科的な緊急事態の応急手当
・外科的な緊急事態の応急手当
・環境要因による緊急事態の応急手当

  3. 対象者

一般の方、蘇生処置の機会の少ない医療従事者


  4. 所要時間

本コースは原則として半日で終了するコースです。 ただしオプションを追加するとその分時間が延長しますので、各コースの募集要項をご確認ください。
なおAHAが規定する時間がありますが、確実に手技が身に着くよう、必要に応じて時間を延長しています。 また学習効果を高めるため適宜休憩時間を取りながら進行していきます。 各コースによって設定された開始・終了の時間が異なりますし、実習の状況によっては終了時間が多少前後することもございます。 コース案内をよくご覧になり、行き帰りの交通手段はゆとりを持って確保してください。


  5. 持参するもの:必須

・テキスト(詳細は各コース案内を参照してください)
・フェイスマスク(後述:詳細は各コース案内を参照してください)
・筆記用具


  6. テキストについて
ハートセイバー・ファーストエイド CPR AED 受講者ワークブック AHAガイドライン2010準拠

テキストはAHA ハートセイバー・ファーストエイド CPR AED 受講者ワークブック AHAガイドライン2010準拠を用います。

[著者] American Heart Association
[定価]2,730円(本体価格:2,600円)
[ISBN] 978-4-916166-53-1
A4判/136ページ/並製

  7. 事前学習について

実習をより円滑に行うためにも、テキストを用いて事前学習されておくことをお勧めします。なお本コースでは筆記試験はございません。


  8. フェイスマスクについて

ハートセイバーコースではフェイスマスクの使用法を学んで頂きます。購入・準備の方法については、採用されたコースの責任者(コースディレクター)より案内がございます。すでにお持ちの場合は、新たに購入される必要はございませんので必ずご持参ください。


  9. コース当日の健康状態について

ハートセイバーコースは実技中心の講習会であり、胸骨圧迫(成人傷病者の場合、少なくとも100回/分の速さで、胸壁が少なくとも5cm沈む程度の力で押す)の練習には体力が必要です。 また実際に人工呼吸(口対マスク)も実施します。 AHA は「命を救える」真のBLS技術を習得するためのコースを提供しており、その実力を実技試験で示せる方に対してのみ修了カードの発行を認めております。 このため実習も実技試験も身体的な理由によって省略あるいは簡略化することができません。 従いまして、以下に該当される方は、各コースの責任者までお問い合わせください。

・腰痛や腱鞘炎など整形外科的な問題がある方
・妊娠中の方

また受講前の体調管理にはくれぐれもご注意ください。以下の方はコースに参加していただけない場合がございますので、受講前の発熱等につきましては、必ず各コースの責任者までご連絡ください。

・インフルエンザなど感染性疾患に罹患されている方


  10. 食事・軽食について

リフレッシュし学習効果を高めるため、コースでは飲料水やお茶菓子を用意しています。但しコースにより開始・終了時間が異なりますため、コース中に提供される食事や軽食に関しては各コースの案内をご確認ください。


  11. 服装について

本コースは実技が中心です。床においた人形を用いてCPR を行いますので、動きやすい服装をおすすめします。特に女性の方は、胸元の広く開いた服装や、スカート・ローライズのジーンズ・ハイヒールの着用はご遠慮ください。また髪の長い方は、講習の際に邪魔にならないよう、おまとめください。


  12. コースの合格基準

1 全ての実習に積極的に参加する。
2 実技テストに合格する。

受講申し込み

各地域のコースはこちらから検索してください。募集期間中であれば、受講を希望するコースにお申し込みいただけます。

Topics