ACLSプロバイダーコースの更新について
(ACLS provider course)

知識やスキルは時間とともに低下していきます。AHAはACLSプロバイダーコースで習得した知識やスキルを維持し、さらに最新のものにアップデートするため、2年ごとの再受講をお勧めしています。

更新方法について

ACLSプロバイダーを更新するためには以下の方法があります。

1 通常のACLSプロバイダーコースを再受講する。
2 ACLSプロバイダー更新コースを受講する。
3 ACLS-EPコースを受講する。

いずれもACLSプロバイダーが有効期限内である場合、BLSプロバイダーカードの有効期限は問いません。

以下に具体的な更新方法について記します。




所要時間:
二日間


金額:
更新受講 ¥18,000_
初回受講 ¥32,000_


筆記試験:
コース会場にて


実技試験:
コース会場にて


  1. 通常のコースを再受講する

ACLSプロバイダーコースは、二次救命処置を学ぶコースであり、医療従事者にとって必要な知識・スキルです。たとえ2年ごとの更新であっても、通常のコースを受けていただくことでその知識を再確認し、スキルを維持していく意義はきわめて大きいと考えております。
そこでみなさまが少しでも再受講しやすくなるように、更新の目的で通常コースを受講していただいた場合、受講料を減額することになりました。
募集画面で受講を希望されるコースを選んでいただき、入力画面で受講種別『更新受講』を選んでください。

ただしコースによって『更新受講』の受講可能人数に上限がある場合がございますので、各コースの募集要項をご確認ください。

有効期限を過ぎているACLSカードを有している場合『更新受講』は行えません。
『初回受講』をお願いいたします。

ACLSプロバイダーが有効期限内である場合、BLSプロバイダーカードの有効期限は問いません。



所要時間:
一日間


金額:
¥18,000_


筆記試験:
コース会場にて


実技試験:
コース会場にて


  2. 更新コースを受講する

ACLSプロバイダーコースは医療従事者として基礎的な知識とスキルを学習するコースであり、2年ごとに更新する意義はきわめて大きいと考えています。このため更新者専用のコースを開催しております。通常のコースとくらべスキル練習の内容が一部省略されており、コース全体の所要時間が短くなっています。実技試験や筆記試験の内容は通常のコースと同一です。

有効期限を過ぎているACLSカードを有している場合『更新受講』は行えません。
『初回受講』をお願いいたします。

ACLSプロバイダーが有効期限内である場合、BLSプロバイダーカードの有効期限は問いません。



所要時間:
一日間


金額:
¥18,000_


筆記試験:
コース会場にて


実技試験:
コース会場にて


  3. ACLS-EPコースを受講する

成人の心停止に対する二次救命処置をACLSプロバイダーコースを学習した方が、さらにレベルアップするためのコースです。
ACLSプロバイダーコースの知識・スキルを習得していることを前提として、心血管系エマージェンシー、心拍再開後ケア、臨床薬理および中毒学、呼吸および代謝のエマージェンシーにどう対応するかをディスカッション形式で学習していきます。

本コースを受講していただくことで、同時にACLSプロバイダー資格を更新することができます。


有効期限内のACLSプロバイダーカードを保有しておくことが必要です。BLSプロバイダーカードの有効期限は問いません。

受講申し込み

各地域のコースはこちらから検索してください。募集期間中であれば、受講を希望するコースにお申し込みいただけます。

Topics